bsPAK853_kuukounoyousu14055811

今日、大学生向け海外武者修行プログラム"AWAY"のイベントに行ってきた。
そこで受けた衝撃シンパシーと可能性を感じたのでここに記したい。

先に言っておくが僕はAWAYの正確なプログラムの内容は知らない。
(海外で事業を立ち上げる上での「ゼロイチ力」が得られるらしい。 )
ただ、その(面白い)エッセンスを今日把握できた。

イベント内で、AWAY卒業生の社会人及び学生の体験談を聞いた。
その内容は次のようなものだった。
 
「マレーシアに着いたその日に、地図だけ渡されて一人置き去りにされた。そこから地図を頼りに現地の英語学校に営業をしにいった。」
「マレーシアにいる間常に頭を使って考えなければならず、頭が回転して眠れないことが辛かった。」
「現場の責任者が私を置いて日本に帰ってしまった。その後一人になって、運悪く胃腸炎にかかった。更に食中毒になり、倒れたが、このままだと死んでしまうと思って(責任者に教えてもらった)病院に行った。 必死で話してたら薬をもらってなんとか復活した。そして気が付いたら英語が喋れるようになっていた。」

そして、みんな共通する言葉を言っていた。

「だからAWAYは他のプログラムとは全然違って成長できる。」


内容だけ文字に起こすとなんか放置感ハンパないw
ただ、卒業生一人一人のAWAY愛が半端ないことが伝わって来る。

僕は思った。

「(少なくない)お金を払い、
放置され、
そして、ユーザーのロイヤリティーが上がる 」

AWAYは底知れないプログラムだとw 

後で創業者の原田さんに話を聞くと、「一人で意志決定しないといけない状況に追い込まれることで成長できる。そして、それに耐え得る人しか送らない。」とのこと。

これは、いいプログラムだなと直感した。
というのも、僕の社会人経験と共通する部分が多かったからだ。 

僕は銀行に入ってずっと法人営業をやってきた。
銀行の事務手続はルールの細かさが半端なくて大変なのだが、特に入行初期の頃、現場で教えてもらったことはほとんどない。
マンパワーが足りてなくて周りの総合職や上司に余裕は無かった。
そして、事務手続の正解が刻一刻変わるため、正確に教えられる人もいなかった。
だからマニュアルを熟読し、アシスタントの方、本部やバックオフィスのライトパーソンを捕まえて書いてない点は徹底的に言質を取った。
もっというと、そのルールの背景まで理解するようにした。
営業においてもそうだった。
試行錯誤でぶつかっては怒られ、失敗し、ほんのたまに成功し、自分なりのスタイルを作った。
"一人でやらざるを得ない環境"だったので、やるしかなかった。
だから成長できた。
(もちろん、全てにおいて一人でやり切ったわけではなく、同僚や先輩に教えて頂いたことも多いだろう。ただ、本人が感じたエッセンスを述べているのでご容赦願いたい。)


もう一つ、このAWAYの卒業生のような人達が今後も成長して社会的なインパクトを創造できるようになれば、新しい時代が来るかもしれないと感じた。
僕は日本の「いい大学、いい会社」という暗黙のメインストリームは早々変えられるものではないと思っている。だからX-エックス-のプロフェッショナルの条件の一つが「社会人経験3年以上」というバーを設けている。
一度会社に入って3年もすれば、現実を見て変わる可能性があるのではないかということだ。
ただ、AWAYならその手前で楔を打つことができる可能性がある。

また、AWAYは海外に行くプログラムだが、ベンチャー企業で働くこと自体もまた「AWAY」に身を置くことだと感じた。
「やらざるを得ない環境」にいれば圧倒的に成長できる。
海外に行くのも良いが、特に家族がいる社会人にとっては生活があるため、学生よりも更にハードルが高い。
同じ日本でもベンチャー企業で働くだけで大きく環境を変えることができる。
起業家の立場になって思うのは、社員として給料が貰えるというのはそれだけで有難いということだ。
ベンチャー企業に転職するなんて、別にリスクでもなんでもないと思う。
給与が下がっても生き抜く力が得られる。
僕は大企業 ⇄ ベンチャー企業と行き来するのが当たり前となる社会を創っていきたい。
(大企業の人にとって)周りに(ベンチャー企業の)出身者がいるだけで、違う世界が身近になる。
逆もまた然り。



AWAY
http://myaway.jp






それでは、Good Luck!