bsN745_irouzakishibuki
最近、知人とのやり取りで感じたことをここに綴りたい。
大きな決断をする時 、自分で選択していると思っているが、詰まるところそれは大きな潮流の中で”流されている”のかもしれない。


僕のことを振り返ると大きな決断に一つ、起業が挙げられる。


今も含めて自分の意志は明確に存在する。
ただ、それは本当に自分で選んでいるのだろうか?と一抹の疑問も浮かぶ。

起業のアイディアは妻が妊娠した時に子供の成長を想像したら浮かんできた。
アイディアの要素を辿ると、僕が法人営業をしていた期間の経験が大きな比重を占める。
然し、インスピレーションの発端も含めて外部要因だ。


前職を辞職するタイミングも結局選べなかった。
僕は、プロダクトの開発を終えてからこの6月に辞職を申し出るつもりだった。
然し、4月の人事異動でVCのフロントに立つことになった。
この異動まではフロント投資担当者のサブポジションだったので起業を考えていた僕でも心の中で折り合いをつけて仕事をすることができた。
ただ、フロントに立つと話は別だ。
資金調達をしたい起業家に対峙するのに、起業する意志が固まった僕は不適当だと思った。
また、期待をしてくれている会社に対してもこれ以上僕が会社に留まるのは不適切だった。
なので、準備が整っていない不安はありつつも、4月の初旬に辞職を申し出た。
結果、想定よりも2ヶ月早く会社を辞めることになった。

ただやはり、この辞職申し出の決断も外部要因が大きい。


人が生きる上で、他者や社会との関わり無しには何も語れない。
深いところでは、自己と他者の境界がどこにあるのかという話になってくるのかもしれない。
ただ、今の僕は”タイミングは選べない”=”大きな潮流に流されている”ということを感じている。





それでは、Good Luck!






P.S.
こから述べるのはサブ的な要素だが、”大きな潮流”に流された結果、良い方向に進んでいると感じている。

【ローンチのタイミング】
起業のアイディアが2年半前に降りてきてから、実際に起業するまでに2年かかった。
サービスをローンチする時は「遅すぎても、早すぎてもダメ」なので、今考えると起業までの2年という期間があって世の流れとマッチする丁度良い時期になったと考えている。

【辞職申し出のタイミング】
上記に連なるが、今振り返ると、4月初旬のタイミングがベストだったと思う。
所属会社、投資先、自社と3社にとって最もバランスが取れた状態(もちろん、辞めることで迷惑はかけているのだが、迷惑を最小限に抑えられたという意味)で新たな一歩を踏み出すことができた。

この過程で多くの方に支えられて今がある。
結果的に良い方向に進めることができているのも応援してくれる方々のお陰である。
改めて感謝してます。