N934_akusyusuruhutaribiz500
最近、本当にいいヒト多いなって思う。
そのことについて綴ることにする。

事業をローンチして3ヶ月が経った。
ようやく事業が第二ステップに入ってきたという感覚がある。
第一ステップは自分の知人の範囲。
第二ステップは知人の紹介やたまたま出会った人の繋がり。

僕たちが始めた事業なんて、当然ながらほとんど誰も知らない。
事業を広めるには語るしかない。
なので、聞いてくれる方に語る。
そして、プロダクトを見てもらう。

すると、共感した方はユーザーになってくれる。
そのユーザーの方が更に近い人を紹介してれたりする。
ある人は軸が違うのでユーザーにはならないが、考えが近い人を紹介してくれる人もいる。

紹介先の方は経営者だったり、ビジネスパーソンだったり、様々。
でも共通しているのは凄く前向きで気持ちの良い人が多いということ。
僕たちは幸せだ。


先日ある起業家と話していて共感したのだが、アイディアの段階では
「こんな事業うまくいかない」とかなりボコボコにされた。
でもそこで止めるようではそれまでの話だ。

次の言葉になるほどと思った。
「起業とは起業家の思い込み。それがマーケットと合致しているかどうかそれだけの話だ。」

本当にその通り(笑)
僕の勝手な想い込みが本当にマーケットに合致しているのか。
その仮説を証明する段階が今の立ち位置だ。

まずもって話を聞いてもらえるだけでも有難い。
次に共感してもらえる。
助けてもらえる。
その輪が広がるのが事業を創るということかもしれない。


僕たちのビジネスはβ版で無料でやっており、まだビジネスではない。
ユーザーに価値を届け、その価値に見合う対価を頂いて初めて持続可能なビジネスになる。
僕は事業を成長させ、社会に価値を届けるのが支援者への最大の恩返しだと思っている。
ビジネスへの進化に向けて今日も一歩を踏み出す。





それでは、Good Luck!