退職時の手続きについてメモ代わりに記載しておくことにする。


主に必要な手続きは「年金」「健康保険」。 

僕の場合、会社設立手続きに加えて企業年金を設立する余裕も無いので「年金」は 「国民年金」になる。
これは退職する際に会社から受け取った「退職証明書」と「年金手帳」を役所に持参するだけの手続きだった。


次に「健康保険」
選択肢は”国民健康保険”と”前職の健康保険を任意継続”の2つがある。

単に「国民健康保険」にシフトするだけなら「健康保険資格喪失証明書」を 提出すれば終わりなのだが、僕の場合費用が想定外に多かった。
ざっくり年間で65万円くらいの支出になるとのこと。

いろいろ考えたが前職の健康保険を任意継続することにした。



費用面で考えると上記に加えて「個人住民税」がかかる。
これは前年の所得に応じて課税される「所得割」と定額課税の「均等割」がある。

参考 東京都主税局


当初想定では税金や社会保険で年間100万円くらい見積もっておけば大丈夫かと思っていたが、甘かった。
結構な足が出そうだ。 


まとめると、手続き自体は結構簡単にできる。
前年の所得にもよるが費用は想定以上にかかる。
ということ。

いずれにせよ、早く進めなければ。



それでは、Good Luck!