人生には誰にでも

ターニングポイント

がある。





右に行くか

左に行くか






僕はちょうど2年前に、近い将来訪れるポイントを少し先回りして切り替えた。


そう、起業をするという方向に。


僕を乗せた人生の列車は今までゆっくりと、然し着実に前に進んできた。


そして、そのポイントがある地点にようやく辿り着いた。






何かを選ぶということは、

何かを捨てるということだ。





今、僕がいる環境は今までの仕事人生の中で最も働き甲斐がある場所だ。


このメンバーにもう5年早く出会いたかった。


そして、一緒に本気で仕事をしたかった。





外を歩くと、ちょうどが散っていった。
少し前まで満開で綺麗だったが、花びらが散っていく姿も僕は美しいと思う。




やはり、日本人にとって、は出会いと別れの季節なのかもしれない。





それでは、Good Luck!