こんにちは、起業準備をしているMi6 社長のKです。  

今、僕たちが感じている起業についてのリアルな手触りを記録したいとの想いから本ブログを開設してます。   

「Mi6社長のブログ」開設 http://blog.livedoor.jp/mi6_ceo/



さて、本日のテーマ。



起業と戦争



とある経営者に諭され、深く考えさせられたのでここに書き記したい。


起業は戦争と同じだ。


まず最初に情報戦を行う。


戦うフィールドはどこを選ぶか?
敵の戦力はどれくらいか?
チームの仲間は何人にすべきか?
チーム外の仲間はいるのか?


情報を集めて戦略、作戦、戦術を寝る。



次に、経済戦だ。


立案した戦略、作戦、戦術を実行するのに、必要な資金を集める。
必要な資金で装備、武器、防具、物資、食料などを調達する。
資金の補給路を確保する。


そして、最後に実戦となる。


実戦においては、情報戦で立案した戦略、作戦、戦術を実行する。
実戦では、想定外の事態が必ず起こる。
臨機応変の対応が必要になる。
情報戦からその準備を最大限すべきだ。
そして、補給路を確保することも大事だ。
補給が途絶えてしまっては、戦術を遂行できない。



今、我々がいるステージは実戦の手前だ。


もう一つ、覚えておかなければいけないことがある。


砂漠では、命綱だ。

手持ちの水の最後の一滴を絶対に飲んではいけない。

保険が無くなると人間はパニックになるからだ。




今日の話を肝に銘じて邁進したい。



それでは、Good Luck!



------------------

ちなみに、過去のエントリーで既出だが、戦争で押さえておきたい用語はコチラ。