こんにちは、起業準備をしているMi6 社長のKです。  

今、僕たちが感じている起業についてのリアルな手触りを記録したいとの想いから本ブログを開設してます。   

「Mi6社長のブログ」開設 http://blog.livedoor.jp/mi6_ceo/


さて、本日のテーマ

仲間

について書き記したい。


僕が起業を志す上で、最も大切なのは仲間だった。

僕が実現したいビジョンを共に目指してくれる仲間が必要だった。

そして、僕が興したいのはベンチャー企業だ。
僕はベンチャー企業を次のように定義している。

革新的なプロダクトやサービスによって新しい世界創り続ける起業家精神を持った企業」

ただ、起業しただけ。
他社の模倣で追随するだけ。
それではベンチャー企業とは呼べない。

新しい世界を創るということは並大抵の努力では成し遂げられない。
そして、それを続けるのだ。


壮大なビジョンを実現するには一人では不可能だ。

高いスキルクリエイティビティを持ち合わせた仲間が力を合わせて初めて成し遂げることが出来る。


そのような人財は、Googleが定義するスマートクリエイティブと近いのだと思う。


志を同じくするスマートクリエイティブと一緒に働くことはこの上なく楽しい。


僕の仲間は今、一人だ。
エンジニアのGである。
彼は最高のスマートクリエイティブの一人だ。

仲間として、大事なことは互いのベクトル同じ方向を向いているかということが出発点となる。

Gとは初めて会った時に、ベクトルが同じ方向を向いていると確信できた。
(ベクトルに関して詳しくは「共同創業者と"ベクトルファースト理論"」ご参照)

その時、Gの当時の仕事の内容を僕は聞かなかった。
知っていたのはGがエンジニアということだけだった。
会話の中心は、僕が描くビジョンだった。

ただ、それだけで十分だった。


結局、Gと本格的にプロダクト創りを開始するのはその1年後となる。

そして、プロダクト創りを本格的に開始して現在7ヶ月が経った。

ディレクションは僕、開発はGが行いプロダクトを創っている。

会っていない時間の方が圧倒的に多いのだが、その間お互いが事業の実現に向けて尽力しているのが何も言わなくても分かる。

完全に互いを信頼して走ることが出来る。

まだ何も始まってはいないのだけど、本当の仲間ができると、"イマ"がこの上なく楽しいということが分かった。


早く、我々のビジネスをローンチし、近い将来、数多くの仲間を迎え入れたいと思っている。





それでは、Good Luck!




------------------

今が幸せなのは、Gを紹介してくれた知人であり、この場を借りて感謝申し上げたい。
今の自分は常に誰かのお陰で成り立っていることを僕は忘れない。