'選択'と'迷い'の考察

5a164784772f1c646d22dd6b4c4a9b56_s

何かを選択するとき、迷うことはある。
迷うというのはどういう状態だろうか。

左と右に道が分かれていてどっちを進むのかという状態を考えてみよう。
前提として一度選んだ道は後戻りはできないとする。

片方の道には財宝があり、もう片方は崖になっている。

という情報だけだとすると、迷う。
確率は50%。
一方を選ぶと死が待っている。

左の道を眺めてみると、財宝は見えないが、村があるのが見える。
右の道の先には何も見えない。

ここで、左の道を選ぶメリットは村で物資の補充や休息が可能ということだろう。
もしかしたら情報や仲間も手に入るかもしれない。

すると、左の道を選ぶメリットは正解への確率を上げる可能性があるということになる。
但し、一度選んだ道は戻れないので、実は本質的には確率は50%で変わらない。

右の道をよく見ると、宝の地図が落ちている。
その地図が信用できるかは分からないが、信頼できる人からの口伝ての情報だと確率は80%くらいまで上がるかもしれない。


一方で、先をどこまでも見通せる望遠レンズがあれば、結論は迷わないだろう。

'選択'を'迷う'時は情報が足りないという状態だ。
但し、時間は限られており、僕たちは常にその中で決断をしていかないといけない。

その時に立ち返るべきなのは、自分が何を求めているかだ。





そう、僕たちはそもそも「財宝」を求めていたのだろうか?

実は自分が料理人で「崖の下にあるツバメの巣」を求めていたという前提だと話は変わってくる。


だからこそ、事業においてvisionが大事なのだろう。

コンパスが指し示す先は変わらない。






それでは、Good Luck!






P.S.
とある経営者に示唆して頂いた「風林火山」が胸に刺さる。

【ウィキペディアより引用】
風林火山(ふうりんかざん)は、甲斐の戦国大名・武田信玄の旗指物(軍旗)に記されたとされている「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」(疾(と)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如し、侵掠(しんりゃく:おかしかすめる)すること火の如く、動かざること山の如し)の通称である。

・・・

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」の句は、『孫子』・軍争篇第七で、軍隊の進退について書いた部分にある文章を、部分的に引用したものである。すなわち、
「故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆。」
(故に其の疾きこと風の如く、其の徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、知りがたきこと陰の如く、動かざること山の如く、動くこと雷霆(らいてい)の如し)
からの引用である。
 
これは「(~そこで、戦争というものは敵をだますことであり、有利になるように動き、分散・集合して変化していくものである。)だから、(軍隊が)移動するときは風のように速く、陣容は林のように静かに敵方の近くでも見破られにくく、攻撃するのは火のように勢いに乗じて、どのような動きに出るか判らない雰囲気は陰のように、敵方の奇策、陽動戦術に惑わされず陣形を崩さないのは山のように、攻撃の発端は敵の無策、想定外を突いて雷のように敵方を混乱させながら実行されるべきであると言う意味である。 難知如陰は其徐如林と、動如雷霆は侵掠如火と、意味的に重複する部分が多いので旗印からは割愛されている。





 

遮断と集中

4389e0357994b32ce40a95bff376eac5_s

特に事業を始めてから顕著なのがインバウンドで入ってくる情報の量が増えたことだ。
溢れる情報への対処の仕方が変わってきた。そこで、最近僕が心がけているオンタイム中のトピックをここに記すことにする。

FacebookやEightその他コミュニケーションツールから新聞、郵便物など紙媒体含めて多くの情報がある。
その中でもSNSではオンとオフの情報が混じっている。仕事上で必要な情報でも例えば資金調達のニュースはFBのウォール上の方が早かったりするし、タイムリーに対応が求められるメッセージもたくさんあるので厄介だ。
だからこそ意識せずに過ごしているとスマホやPC上でアラートにタイムリーに一つ一つ反応しようと言う気になってくる。が、FB Messengerで音が鳴ると気を取られるし、FBのウォールやニュースアプリを見始めて気がつくと時間が経っていてやりたかったことが中途半端に終わるなんてこともある。

便利なツールが溢れているからこそ、生産性をより高めるために自身のタイムマネジメントも重要に感じることが多い。

そこで一つ意識したいのは遮断集中である。

クリエイティビティーや精緻さが求められる局面においては情報ツールを遮断することが集中への近道だ。
当たり前の話だが、例えばスマホを機内モードにすれば簡単にアラートや情報を遮断できる。
特に大きなタスクになればなるほど、時間をブロックで取るのが良い。

遮断するためにはその間に連絡があった場合、機会ロスがあってもしょうがないという割り切りが大事ににある。

凄くシンプルで当たり前のことかもしれないけれども、遮断と集中を意識し、オンタイム中の生産性を高めていきたい。



それでは、Good Luck!




P.S.
今日はオンタイム中のタイムマネジメントについて思ったことを記していますが、
オンオフのメリハリについては過去に書いたブログを参考までに挙げておきます。

戦略的に"休む"
http://mi6-ceo.blog.jp/archives/1019714065.html





 

タイミングは”選べない”

bsN745_irouzakishibuki
最近、知人とのやり取りで感じたことをここに綴りたい。
大きな決断をする時 、自分で選択していると思っているが、詰まるところそれは大きな潮流の中で”流されている”のかもしれない。


僕のことを振り返ると大きな決断に一つ、起業が挙げられる。


今も含めて自分の意志は明確に存在する。
ただ、それは本当に自分で選んでいるのだろうか?と一抹の疑問も浮かぶ。

起業のアイディアは妻が妊娠した時に子供の成長を想像したら浮かんできた。
アイディアの要素を辿ると、僕が法人営業をしていた期間の経験が大きな比重を占める。
然し、インスピレーションの発端も含めて外部要因だ。


前職を辞職するタイミングも結局選べなかった。
僕は、プロダクトの開発を終えてからこの6月に辞職を申し出るつもりだった。
然し、4月の人事異動でVCのフロントに立つことになった。
この異動まではフロント投資担当者のサブポジションだったので起業を考えていた僕でも心の中で折り合いをつけて仕事をすることができた。
ただ、フロントに立つと話は別だ。
資金調達をしたい起業家に対峙するのに、起業する意志が固まった僕は不適当だと思った。
また、期待をしてくれている会社に対してもこれ以上僕が会社に留まるのは不適切だった。
なので、準備が整っていない不安はありつつも、4月の初旬に辞職を申し出た。
結果、想定よりも2ヶ月早く会社を辞めることになった。

ただやはり、この辞職申し出の決断も外部要因が大きい。


人が生きる上で、他者や社会との関わり無しには何も語れない。
深いところでは、自己と他者の境界がどこにあるのかという話になってくるのかもしれない。
ただ、今の僕は”タイミングは選べない”=”大きな潮流に流されている”ということを感じている。





それでは、Good Luck!






P.S.
こから述べるのはサブ的な要素だが、”大きな潮流”に流された結果、良い方向に進んでいると感じている。

【ローンチのタイミング】
起業のアイディアが2年半前に降りてきてから、実際に起業するまでに2年かかった。
サービスをローンチする時は「遅すぎても、早すぎてもダメ」なので、今考えると起業までの2年という期間があって世の流れとマッチする丁度良い時期になったと考えている。

【辞職申し出のタイミング】
上記に連なるが、今振り返ると、4月初旬のタイミングがベストだったと思う。
所属会社、投資先、自社と3社にとって最もバランスが取れた状態(もちろん、辞めることで迷惑はかけているのだが、迷惑を最小限に抑えられたという意味)で新たな一歩を踏み出すことができた。

この過程で多くの方に支えられて今がある。
結果的に良い方向に進めることができているのも応援してくれる方々のお陰である。
改めて感謝してます。



 
X-エックス-
ベンチャー経営者と語り合う「X-エックス-」 http://matching-project-x.appspot.com
ギャラリー
  • 「産後のブレーキングセックスをどう乗り越えるか」〜PtoCパパ未来会議#02〜
  • 「産後のブレーキングセックスをどう乗り越えるか」〜PtoCパパ未来会議#02〜
  • 「産後のブレーキングセックスをどう乗り越えるか」〜PtoCパパ未来会議#02〜
  • 「産後のブレーキングセックスをどう乗り越えるか」〜PtoCパパ未来会議#02〜
  • 「産後のブレーキングセックスをどう乗り越えるか」〜PtoCパパ未来会議#02〜
  • 「産後のブレーキングセックスをどう乗り越えるか」〜PtoCパパ未来会議#02〜
  • 「産後のブレーキングセックスをどう乗り越えるか」〜PtoCパパ未来会議#02〜
  • 「産後のブレーキングセックスをどう乗り越えるか」〜PtoCパパ未来会議#02〜
  • 〜糸〜 繋がる縁 Vol.1
X-エックス-
ベンチャー経営者と語り合う「X-エックス-」 http://matching-project-x.appspot.com
広告
  • ライブドアブログ