言葉・言霊

こんにちは、起業準備をしているMi6 社長のKです。  

今、僕たちが感じている起業についてのリアルな手触りを記録したいとの想いから本ブログを開設してます。   

「Mi6社長のブログ」開設 http://blog.livedoor.jp/mi6_ceo/



さて、本日のテーマ。


言葉・言霊




言葉にはが籠もる。

言葉は人間の歴史であり、文化である。






ここで、名前について考えてみたい。

人間は何かに名前を付けることで、対象物を認識している。



例えば、目の前のコップ。

コップ」という名前があることで、透明なガラスの器がそこに存在するのだ。


あなたが今、ニューヨークにいるとしよう。

英語で「glass」という単語が分からないと、英語圏の人々にガラスのコップについて話をすることはできない。



ここで、もう少し踏み込んでみよう。


あなたが初めて目の前のガラスの器を見たとして、その名前が分からないとしよう。




・・・




極端なことを言うと、
あなたはガラスの器を認識することが出来ないはずだ。





もう一つ、例を挙げよう。


あなたは小学校の卒業写真を見ている。次に、クラスメイトの名前を一人一人思い出して欲しい。
何人か名前を思い出せない人がいるだろう。

名前が思い出せないと、その人物そのものの存在が自分の中で薄くならないだろうか。
少なくとも、名前を思い出せた佐藤君に比べて、存在は希薄なはずだ。


このように、人間はモノに名前を付けることで世界から対象物を切り出して認識している。
名前があるからこそ、そこに意味があるといっても良い。





ここで、日本に古くからある考え方に目を転じたい。

日本は八百万の神々を信仰する神道という考え方がある国だ。
八百万の神々とは、万物が宿っているという考え方を示している。

雨の神、山の神、海の神、台所の神、トイレの神様までいる。
台所に神棚がある家も多いだろう。
家を建てる際は、その土地に住まう神に許しを乞うため、地鎮祭を行う。





そして、言葉にも神が籠っていると考えるのが言霊信仰と言われている。

良いことを言うと、良いことが起こる。
悪いことを言うと、悪いことが起こる。

結婚式での忌み言葉は言霊の考えを重んじる例の一つだ。







僕は起業をする中で、最も大切なことの一つは何を成し遂げるかというビジョンだと思う。

何故なら、ビジョンを現す言葉には、が籠もり、が宿る。


そして、その神が宿った言葉を語り続けることでビジョンが現実になるのだろう。



それでは、Good Luck!









------------------
少し別の観点から。
言葉は文化であるという件について一言。


文中のコップの例に戻ってみよう。


英語で飲み物の器を表す言葉は「glass」他に「cup」がある。
これは陶器の器や、茶碗を指す言葉だ。

日本語では、「コップ」という一つの言葉でガラス、陶器双方の飲み物の器を指している。


日本語のコップは当然、英語のcupから来ていると思うが、本来の意味を超えて使われている。
恐らく、日本ではガラスと陶器を分ける必要性が英語圏と比べて希薄なのだろう。
もう少し掘り下げるともっと面白いことが分かるかもしれない。


最後に食事の前の「戴きます。」という言葉は日本では当たり前だが、英語圏には無い言葉だ。

そこには「(動植物のを)戴きます。」という、食物の命に対する感謝が込められている。

ここに日本の文化がある。

この素晴らしい文化を持つ日本の良さを体感する言葉の一つだ。


日本には優れた文化があり、僕は日本という国が持っている潜在力は計り知れないと考えている。

共鳴と禅問答

こんにちは、起業準備をしているMi6 社長のKです。  

今、僕たちが感じている起業についてのリアルな手触りを記録したいとの想いから本ブログを開設してます。   

「Mi6社長のブログ」開設 http://blog.livedoor.jp/mi6_ceo/


さて、本日のテーマ。

共鳴と禅問答



最近、経営者の方と話をしていて、会話が止まることがある。


会話が続かなくて…

という訳ではなく、を互いに噛みしめる時間が生まれているのだ。


先日、一緒にランチをしていた経営者の方からこう言われた。

Mさん「脳って凄い器官だと思うんです。人間は脳の3%も機能を使えていないと言われています。4%使えたら天才ということになります。では、10%使えたとしたらどうなると思います?」

僕「超能力が使えるようになるかもしれませんね。」

Mさん「そうかもしれません。ただ、その前に死んでしまうらしいのです。脳は最もエネルギーを必要とする臓器です。エネルギーを使い過ぎると人間は餓死してしまうのだそうです。」

僕はそれを聞いて、その言葉を咀嚼していた。
余りに衝撃的な内容だったからだ。


その間、自然と会話は止まっていた。


数十秒経ってから、私は脳が考えたことを実現する臓器だという話をした。



すると、Mさんも暫く言葉を紡ぐのを止めた。
僕の言葉を咀嚼しているようだった。


そして、「なるほど…」と呟いた。




僕達はたくさんの言葉を交わしたわけではなかった。

ただ、一つ一つの言葉に深みがあった。
そのため、その言葉を理解するのに時間が必要だった。

更に付け加えると、言葉を噛みしめる時間を経て、想像力を掻き立てられた。


そこには、があった。




この時、僕は「海賊と呼ばれた男」の中で、第一銀行の貸し剥がしを背景とした資金繰りから廃業を決意した国岡鐵造と肩代わり支援を決めた第23銀行頭取が対峙した場面を思い出した。

頭取が一言、「国岡さん、大丈夫ですか。」と聞いた。
鐵造は一言、「大丈夫です。」と答えた。
そのまま二人は無言で、庭を眺めていた。
後に、門司支店の若い支店長は、まるで、禅問答のようだったと語った。



人間の会話とは、突き詰めると言葉は一言で足りるのかもしれない。

想いが凝縮された言葉は、身体の中に入ってきた瞬間に解き放たれ、共鳴する。

側から見ると、禅問答のように見えるのだ。



それでは、Good Luck!

経営者と"コーチ"

こんにちは、起業準備をしているMi6 社長のKです。  

今、僕たちが感じている起業についてのリアルな手触りを記録したいとの想いから本ブログを開設してます。  

「Mi6社長のブログ」開設 http://blog.livedoor.jp/mi6_ceo/



さて、本日のテーマ。



経営者と"コーチ"


優れたアスリートには、優れたコーチがいるものだ。

2014年、最も飛躍した日本人アスリートの筆頭はテニスの錦織圭だろう。
日本人男子テニスプレーヤーとして初めてTOP5入りを果たし、全米オープン準優勝。年間ポイント数上位8人のみが参加できるATPツアー・ファイナルで準決勝に駒を進めた。

彼の飛躍は2013年にマイケル・チャンがコーチに就任したことが大きいと言われている。


多くの場合、一流のアスリートには一流のコーチがいる。


では、経営者にはコーチは要らないのだろうか?


この問いにGoogleのエリック・シュミットはこう答えている。


「経営者にはコーチが必要だ」



僕達は今、起業目前の状態だ。
ここにくるまで2年近い歳月が経った。

その間、ずっと貴重なアドバイスをくれ続けている経営者の方がいる。

彼は間違いなく僕達のコーチだ。

僕達からコーチングをお願いしたことはない。

ただ、僕達の話を喜んで聞いてくれた。

時には背中を押し、時には手綱を締めてくれた。

あまりにも自然だったため、コーチというよりは親に近い感覚かもしれない。



コーチがいない状態で自分たちだけで進めていても、もしかしたらなんとかなったのかもしれない。

あるいは、今、既に路頭に迷っていたのかもしれない。



ただ、今振り返って辿って来た道は間違ってなかったと言い切れる。



僕達はいろんな人に生かされて支えられてなんとか歩みを前に進められている。

感謝を形にするためにも、大きなことを成し遂げて恩返しとしたい。




それでは、Good Luck!
X-エックス-
ベンチャー経営者と語り合う「X-エックス-」 http://matching-project-x.appspot.com
ギャラリー
  • 「子連れで会議って可能なの?」〜PtoCパパ未来会議#04
  • 「子連れで会議って可能なの?」〜PtoCパパ未来会議#04
  • 「子連れで会議って可能なの?」〜PtoCパパ未来会議#04
  • 「子連れで会議って可能なの?」〜PtoCパパ未来会議#04
  • 「子連れで会議って可能なの?」〜PtoCパパ未来会議#04
  • 「子連れで会議って可能なの?」〜PtoCパパ未来会議#04
  • 「子連れで会議って可能なの?」〜PtoCパパ未来会議#04
  • 「妻への感謝」 PtoCバーベキュー〜パパ未来会議プロジェクト#03〜
  • 「妻への感謝」 PtoCバーベキュー〜パパ未来会議プロジェクト#03〜
X-エックス-
ベンチャー経営者と語り合う「X-エックス-」 http://matching-project-x.appspot.com
広告
  • ライブドアブログ