〜糸〜 繋がる縁 Vol.1

68310fb255f1492b8616bff568482f7b_s

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは何も知らない…


糸 -  (中島みゆきカバー) - ap bank fes 10 - Bank Band LIVE
https://www.youtube.com/watch?v=DboG2xszmcE 

この歌詞で始まる「糸」 中島みゆきさんの曲。
とても好きな曲なのですが、僕は起業してから多くの人に繋がり、そして事業を続けることができています。
まさに糸が紡がれていくように。

(リンクはもちろんミスチル櫻井さんが歌うLIVE映像です。・・・これ聞くと良い1日になります。)


僕が新たに会う方はほぼ全てがユーザー及びX-エックス-の支援者の方の繋がりであり、とても素晴らしい方に多く出会えています。
そして、会う度に日本も捨てたものではない。
ここから世界を変えていけると想いを新たにします。
せっかく良い出会いをしているのでその良さを発信していくことにしました。
先日日本を代表するキャピタリストに頂いた多くのアドバイスを、まず一つ実践していきます。


X-エックス-を温かくサポートしてくださる方の繋がりで出会った女性。
名だたるwebサービスを多数手がける上場企業で活躍をする一方で、築いた環境を捨ててベンチャー企業にチャレンジする覚悟を固めたというタイミングで僕はその方と出逢いました。

最初はビル倒しの営業から始まり、新規事業の立ち上げと閉鎖、紙媒体の事業をネット化する古くて新しい取り組みを実行。
もう起業家に近いですね。
知名度のあるサービスをグロースさせることはできる。
これ以上の人間としての成長は知名度の低いサービスを大きく華開かせることしかない。
客観的に自分の人生を眺めた時にチャレンジできるのはこのタイミングしかない。
しかも、ご自身が去る前にきちんと今の自分のポジションを全うできる後任を育てるという決意もある。
純粋に素晴らしいと思いました。


信頼できる人の繋がりだからこそ響くものがある。
X-エックス-ではその一点を愚直に追求していきたいと思っています。
温度の高い人が集まればそこから何かプラスが生まれる。
凝縮されたフラスコのようなポイントを追求していきます。


全ては深いところで繋がっていく。
僕は働くことを追求していくと、新しいエネルギーや価値を生み出すことに帰結していくと感じています。
すなわち、ベンチャー企業。




【vision】
一人一人が本来の生き方を取り戻す
そして、
日本から世界を変えていく


ぜひ一緒に新しい世界を創っていきましょう。
 







ベンチャー経営者と語り合う「X-エックス-」
http://matching-project-x.appspot.com


X-エックス-に興味があるというからはこちらまでご連絡下さい。
x@mi6.co.jp


さぁ、セオリーを無視しよう。人生は一度切り。

8c1e56382f06ab270e91a025017bc260_s

本日でサービスリリースをして丸1年。
まずはユーザー、支援者の方々、仲間、家族多くの方に支えられて今日があることを感謝します。

我々の起業にかける想いを聞いてくれた方
サービスに飛び込んでくれた方
周りに広めてくれた方
アイディアをくれた方
建設的で厳しい言葉をくれた方
登壇してくれた方
ユーザーになってくれた方
サービスのポテンシャルにお金を払ってくれた方
投資をしてくれた方

本当に多くの人々のお陰でX-エックス-というサービスに3桁を超える人が集まり、
サービスという形を創ることができました。

ここで、この1年を振り返りたいと思います。
"起業のリアルを記録する"というテーマでこのブログを始めたので、未来の起業家や少しでもご覧の方の役に立てるよう普通は書かないこともここに公開させて頂きます。


改めて何故、僕たちが起業したのか?
そこから振り返ってみたいと思います。


【vision】
一人一人が本来の生き方を取り戻す
そして、
日本から世界を変えていく



僕がいた大企業には凄い方がたくさんいました。
到底敵わないなという先輩・上司がごろごろいた。
同期はハートが熱い人間が多く、この銀行に入って本当に良かったと思いました。
何年も経つと頭角を現してくる同期も多く、本当に凄い奴らがいるなと刺激を受けました。
然し、6〜7年が経過してくると輝きを失っていく人が出てきました。
優秀な人が多いので成果は出しています。
でも、6〜7割の力でできてしまう。
人間、全力でぶつかっていかないとその先の成長は無いのではないかと思うようになりました。

そんな時個人的にベンチャー企業との出会いがありました。
何より衝撃だったのは「とにかくなんてこの人たちは楽しそうなんだ!」ということでした。
そこから僕はベンチャーという生き方に魅せられました。

人生は一度しかない。
どうせいつ死ぬか分からないのであれば心からやりたいことをやりたい。
そう思って周りを見渡すと僕の友人はほとんど大企業にいてベンチャーという生き方を知っている人はごく少数。
自分の周りから一人一人ベンチャーという生き方を知ってほしい。
そして、人生を賭けて楽しく生きる人を増やしたい。
そう思って事業をリリースしました。

事業は「ベンチャー経営者とパワーランチ・パワーディナーする」というマッチングプラットホームです。名前を【X-エックス-】といいます。
"Webアプリ"と"リアルなユーザー限定パーティ"というオンライン×リアルでユーザー交流を加速させるサービスです。


ベンチャー経営者と語り合う「X-エックス-」
http://matching-project-x.appspot.com


サービス開始時にセオリーを一つ無視しました。
サービス入会に当たっては対面招待制
つまり、僕が地道に一人一人会っていく。
Webを使ったサービスなのにユーザー獲得において「インターネット」を捨てる
何故なら、インターネットでリーチできない上位層にアクセスをするためです。
そこに存在 意義があると定義しました。
しかも、原則サービス登録をお願いしないという方針で。

サブキャッシュ創出(受託)は無視する。
100%本業に集中しました。

そして、全ユーザー有料課金(月額)モデルにする。
通常マッチングサービスでは片方のサイドを無料にして、反対サイドで得られるベネフィットが大きい方のユーザーからお金をもらいます。
X-エックス-では程度の差はありますが、全ユーザー課金にしました。
これは世の中に無料のサービスは究極的には要らない。
むしろ、お金を払っても使いたいと思ってもらえるサービスを創るというポリシーからです。
ベンチャー経営者のモチベーションは主に採用ですが、採用時の「成果報酬」は捨てました。
何故なら転職をプラットホームのインセンティブにしたくないから。
結果的に副産物として採用/転職が発生することがあるべき姿だと思っています。

課金開始はユーザー数が130名そこそこの時期(2016年1月末時点)に実施。
100名そこらしかいない時期に課金を実施しました。
しかも両サイド。
特にプロフェッショナルサイドはサービスにとって収益の源泉(美女)の部分なので無謀だと多くの人に言われました。
課金開始後は当たり前ですがトランザクションが激減しました。
ここはデスバレーの谷底でした。

2016年4月末、有料会員のみにユーザーの絞り込みをし、ユーザー数が半減しました。
サービスには残っているけれど、使用できない(しない)というユーザーの方が多くいらっしゃたのできちんとお金を払ってくれるユーザーの方のために絞り込みを実施しました。

同年5月、今まで用意していた入会時の無料体験期間2ヶ月を廃止しました。
通常Webサービスはまず使ってもらって有料に移行してもらうというステップを踏むのが常です。
然し、X-エックス-では対面の招待時に最も熱が高い。
従ってここでもWebサービスのセオリーを無視して入口に課金を発生させる仕組みに変更しました。


いろいろとセオリーを無視しました。


結果、採用/転職が3名、ユーザー間での取引は20件以上、業務提携が3件生まれました。
(把握しているだけで、実際はもっと多くのベネフィットが生まれている・・・かもしれない)

ベンチャー経営者のモチベーションは通常リーチできない層にリクルーティングができるが7割くらいです。いや、もっとか。
既存の枠組みに換算すると通常の転職市場の採用フィー水準で500万円くらいの価値を最低でも生んでいるはずです。
でも、月額課金のモデルなので払ってもらえる金額はユーザー依存になります。
結果、現実としては実際その1/10の金額になりました。
厳然たる事実として僕たちが提供している価値(=感じてもらっている価値)はそれ以上でもそれ以下でもないということです。

然し一方で採用という直接的なベネフィットを得ていない方がそれと同じくらいの金額をX-エックス-に投資してくれています。
ここに、人間としての学びが凝縮されていました。

我々の事業はブレークイーブンの半分くらいのマネタイズレベルです。
ポテンシャルも含めてユーザーの方に投資して頂いていると思っています。
そして、その期待を超えていくことができると確信しています。

その証左の一つに少なくともX-エックス-にジョインしてくださっているユーザーの方は一人一人最高です!掛け値なしに!


最近、既存ユーザーの方と深い時間を過ごす中で我々が実現できたこと、できなかったこと、やるべきこと、やるべきでないことが明確化されてきました。
つい6時間前まで、どうやって事業を進化させていけば良いのか・・・たぶんこっちの方向だけど、足元の道が見えない。
そんな状況でした。



でも、考えて歩み続けると答えが見えて来るものなのだなと。
今の僕たちにはより高い次元にサービスを進化させていく道筋がはっきり見えました。
X-エックス-というチャレンジを支えてくれた全ての人に感謝すると共に、このサービスがより高い次元に進化していくことを確信しています。

ユーザーの皆さん、応援してくれる皆さん、
ぜひ一緒に新しい世界を創っていきましょう!
そして、一人一人の力の集積で日本から世界を変えていきましょう。
僕たちならきっとできます。




それでは、Good Luck!






 

シンガポールでの”修行”


IMG_4354
2016/5/20-22まで弾丸でシンガポールに出張した。
熱気が冷めない内に僕が体感したことを書き記しておくことにする。

そもそも今回シンガポールに来ることになったのは3月とある起業家との出会いからだった。
彼に会った瞬間に、「黙ってシンガポールに来てください。来れば分かる。」と言われて参加を決めた。

開催されたのはクローズドな会合。
起業家・Mr.Hardthings、マーケティングのプロフェッショナル、日本の経済史の1ページを刻むディールを行ってきた企業再生のプロ、プライベートバンカーのレジェンド、銀行からベンチャー企業でチャレンジをする方、学生時代からベンチャー企業の創業メンバーとして活躍する方、不動産投資のスペシャリスト、マレーシアでECサービスを立ち上げた起業家、シンガポールで独立系事務所を立ち上げた会計士、ベンチャー企業の海外拠点を一人で立ち上げた方・・・
総勢20名の会。

人と出会った時に浮き足立つ感覚を覚えたのは久しぶりだった。
剣の鍔迫り合いをして歯が立たない。
一人の人間として修行が足りないと感じた。


一方で、僕たちが目指す方向が間違っていないという確信も得られた。

人生においては、
必要な時に
必要な人に出会う

”求めよ、さすれば道は開かれん”
(過去のエントリー”脳は考えたことを実現する臓器である”に通じる)


そんなことを感じました。


そして、ここまで多くのパワーをこの国と人から得られたのは異国の地で開催していることが大きいことも肌で感じました。


このご縁が参加した方々一人一人にとってきっと多くのプラスに繋がるはず。
そして、僕たちも多くの価値を生んでいきたい。
鶴丸さん、ありがとうございました。





 
X-エックス-
ベンチャー経営者と語り合う「X-エックス-」 http://matching-project-x.appspot.com
ギャラリー
  • 〜糸〜 繋がる縁 Vol.1
  • さぁ、セオリーを無視しよう。人生は一度切り。
  • シンガポールでの”修行”
  • メガバンクから起業して変わった8つのこと
  • 伸びるベンチャーと伸びないベンチャーの境目とは?
  • "アンテナ"を研ぎ澄ませる
  • 人生の”密度”
  • "スケールしないこと"をするということ
  • マネタイズに関する考察
X-エックス-
ベンチャー経営者と語り合う「X-エックス-」 http://matching-project-x.appspot.com
  • ライブドアブログ